【横浜銀行カードローン】300万円収入証明書不要で即日借りる?口コミ・評判・審査

横浜銀行カードローンの利用資格は緩め!フリーターでも問題ナシ

横浜銀行カードローンはフリーターでの利用も可能です。仕事や収入を必要としますが、それはアルバイト等で構いません。勤続年数を長く取れば審査に受かる確率もさらに上がります

フリーターの方も横浜銀行カードローンに注目を!

フリーターでも借りれるローンをお探しの方はおられませんか?そんなアナタには、横浜銀行カードローンもオススメですよ。このカードローンにも利用資格があり、誰でも使えるわけではありませんが、フリーターなら問題ありません

あとは審査を通過するちょっとしたコツを知っておけば、横浜銀行カードローンで借りれる可能性はかなり高いです。各ポイントをご紹介していきましょう。

フリーターでも問題ナシ!?

横浜銀行カードローンの利用資格に、仕事や収入があることはもちろん含まれています。
しかし、正規雇用であることといった条件はありません仕事により継続的に得ている収入があれば、特に仕事の種類や立場、肩書きは関係ありません。

つまり、フリーターでも基本条件となる仕事・収入はクリアできるのです。これ以外にももちろん条件はありますが、フリーターだと絶対にクリアできない条件は特にありません。
横浜銀行カードローンなら、フリーターでも借入はできますよ。

審査を通過するコツ♪

基本資格に問題ないとわかっても、それでもフリーターで審査に受かるか不安な方もおられますよね。確かに、ローン審査に特別強い立場ではありません。

意識して審査を通過するコツを押さえた方が、審査通過も安心です。フリーターの方ができるカードローン審査対策とは、勤続年数を1か月でも伸ばすこと

横浜銀行カードローンで必要とされるのは安定収入です。これは仕事をどれだけ長く続けているかを見られます。仕事を問わず、勤続年数があまりにも短い場合は審査に落ちやすくなります

つまりは、勤続年数が長くなればそれだけ審査に受かりやすくなるわけです。勤続年数なら毎日働くだけで自然に伸びていきますので、今されているメインのアルバイトを意識して長く続けてください。
そうすれば審査に落ちることが減りますよ。

気をつけたいNG条件×

横浜銀行カードローンは、未成年者は使えません。まだ10代の方は、どれだけ長く続けているアルバイトがあっても審査には受かりませんのでご注意ください。

また、同じく学生はNGです。他のカードローンなら学生でも使えることがありますが、少なくとも横浜銀行カードローンはNGとされます。

主な立場はまだ学生となる場合、利用できませんのでご注意ください。

まとめ

以上のように、多少の注意点はありますが、横浜銀行カードローンはフリーターだからと利用が極度に難しくなるものではありません
アルバイトやパートで生計を立てている方も、ぜひ利用をご検討ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page Top