【横浜銀行カードローン】300万円収入証明書不要で即日借りる?口コミ・評判・審査

これで利用も安心!横浜銀行カードローンの返済方法を紹介

横浜銀行カードローンの返済方法は、毎月10日、指定の口座からの引き落としになります。金額は借入残高に応じて決まります。

その他の返済も可能ですが、この定期返済ができないと滞納になりますので、コチラの準備が基本となります。

返済方法がわからないとトラブルに?

横浜銀行カードローンの返済方法はご存じですか?
このカードローンを契約するところまではいいとして、借入した後には所定の方法に沿っての返済が必要です。これができないと返済の不備となり、滞納になります。借金を返せないとトラブルになりやすいですから、返済方法が分かった方が安心ですよ。

横浜銀行カードローンの返済方法について、概要を簡単にご紹介しましょう。

必ず確認すべき『返済日』とは?

横浜銀行カードローンは、返済日が固定されているタイプのカードローンです。返済日は毎月10日。このようにカードローン側から返済日を指定されますので、毎月10日には必ず返済をする形になります。

カードローンによっては返済日を指定できることもありますが、横浜銀行カードローンの場合、その指定は難しいです。

『返済方法』・『必要金額』とは?

毎月10日の返済方法にも指定があります。このときの返済は指定の預金口座からの引き落としです。これ以外の方法では返済ができませんのでご注意ください。

引き落とされる返済金額は、前回の返済後の借入残高に応じて決まります。
たとえば、残高が2千円超え、10万円以下なら、返済金額は2千円です。これが10万円超え、20万円以下になると、返済額は4千円となります。

このように、借入残高に応じて返済必要額も増減する形になり、残高が多いほど返済額も増えます
ただし、返済の負担が大きくなりすぎないように調整されています。
たとえば、残高が100万円超え、150万円以下の場合は2万円の返済になります。

返済すべき残高があと100万円以上あっても2万円だけの返済でいいのは、かなり軽い負担ですよね。
負担が重くなりすぎないように配慮されますので、その点にはご安心ください。

毎月1度の返済ができればOK♫

毎月10日、借入残高に応じた引き落としがきちんとできれば、横浜銀行カードローンへの返済は問題ありません。これがもしできなかったら、滞納となります。

返済金が用意できなかったときだけでなく、口座への入金を忘れていたときも同じく滞納となりますので、ご注意ください

これ以外の返済もATMなど使って可能ですが、その随時返済をやったとしても、毎月10日の返済は必要です。毎月1度の定期返済だけは忘れないようにしましょう。

まとめ

以上のように、横浜銀行カードローンへの返済は口座からの引き落としになりますので、返済日と返済金額を毎月ご確認の上、返済口座に忘れずに入金しましょう。

これができれば、少なくとも滞納は避けられますので安心です。まずはこの定期返済の準備をするのが、このカードローンの基本的な返済方法となるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page Top